スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演劇クラス
今日は劇作家の小松杏里さんのクラスの舞台発表でした。
「スーパーモデルぶっているスーパーのチラシのモデル」
という役でした。

このクラスは声優科でありながら、舞台役者を育てる選抜クラスということで、
設定とキャラクターだけ決めて、即興を繰り返して形にしてゆく、
という実験的な試みをして作り上げた舞台でした。

週1回しかない稽古でしたが、得るものは大きかったです。

舞台の臨場感、ナマという感覚が好きです。
それは大学時代からずっと変わりません。

今後も機会があったら、舞台も精力的にやってゆきたいです。


さて。
これで、事務所から1年間通って勉強させていただいたDCSは卒業となります。

今までやったことのない役にチャレンジさせていただいたり
大先輩の声優さん方にアドバイスやご指導をいただけたことは
通わなければ適わないことだったので、本当に感謝しています。

1年間を通して感じたことは、
本当にシンプルに原点で


わたし、芝居が好きなんだ


という再認識でした。

何度も何度も感じるこの思い。
絶やさずに今度も歩んでゆきたいと思います!


☆317☆

スポンサーサイト
Copyright © みんみん打破. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。