スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロボットと浅草
最近観たものを…(*゜v゜*)
インド映画『ロボット』完全版

吉祥寺で単館上映のを観てきました!
ジャンル分けが難しい映画でした(笑)
アクション?SF?コメディ???
レンタルショップでは、何の棚に並ぶのでしょう(^o^)

博士が自分と瓜二つのロボットを作ったが、
ロボットが博士の彼女に恋してしまう。
しかし叶わぬ恋の結果、反乱…
というストーリーが予告編ですでにほぼ説明されているという(笑)
でも、見せ方が面白いので、楽しめるのです!!

とにかくCGの使い所がセンセーショナルで、すごい!!
ロボット役も博士役も1人の役者さんがやっていらっしゃるのですが、
複数同時に出てくるシーンだらけで、
どうやって撮ったのだろうと不思議になりました。

インド娯楽映画の真骨頂と言われる意味がよくわかりました!!
オススメです。とりあえず予告編だけでも…(*゜∀゜*)

その翌日は、ガラリと変わって浅草でお芝居を観てきましたー(*゜v゜*)

久々に新劇に触れました。
三遊亭圓朝という落語家さんの一生の話でした。

観客視点として、
娯楽は楽しむため、笑うため、という明確な目的をもって向かいますが、
シリアスでリアルなお芝居は、どこに目的を置くものなのだろうと、
実は近頃疑問に感じていました。

見て思ったのは、
感情移入をするというよりも、
生きざまを見て、切ないな、可哀想だな、良かったな、って心が動く、
シンプルなその感覚を感じることなのかなってことでした。

うーん。
教授が聞いたら呆れそうな感想ですが、
今回は振り幅が大きくて、特にそう感じました。

視野を拡げて色々見て、それぞれが目指す良さ、にじみ出る良さを、素直に感じ取ってゆきたいです!


☆317☆
スポンサーサイト
Copyright © みんみん打破. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。